日の出を海で

今日の予定に取り掛かる前に、少し早起きしてひと潜りしませんか?1日の始まりを海で過ごすと、きっと贅沢な1日になりますよ。まだ薄暗い時間帯にそっとベッドを抜け出して、海の中の世界に出かけましょう。

水と果物で栄養補給

まずはグラス1杯の水で体を目覚めさせ、エネルギーになりやすい果物のスムージーやジュースで栄養補給を。ダイビング前にガッツリ食事をすると、ウェットスーツで胃が圧迫されたり、体を動かしにくいと感じることもありますが、消化しやすいジュースやスムージーなら安心です。

海辺で日の出を見る

腹ごしらえが済んだら少し海辺を散策してみましょう。行き慣れた海でも旅先でも、日中とは違った海の顔に驚くかもしれません。太陽が昇るのはあっという間。深いブルーだった空が明るくなっていく静かな移り変わりに心を傾けると、なんともいえないクリアな気持ちになります。時間に余裕があればヨガやストレッチを。

静けさの中、器材セッティング

ダイビングの器材セッティング

ワイワイ楽しむダイビングもいいものですが、静かなダイビングも味があります。いつも以上に念入りに器材をチェックしてみましょう。

ダイビングの器材セッティング

朝日の降り注ぐ海をゆったり散歩

水中から水面を見上げると、朝日が降り注いでいるのが見えます。これは写真ではなく、ぜひ実際に見てほしい景色のひとつです。

活動的な魚たちを観察

早朝ダイビングは魚が元気なのも魅力。日の出前から朝8時くらいまでは、多くの魚にとって朝ごはんの時間帯です。エサを求めて活動的になった魚の姿を見ることができるでしょう。

心地いい疲れ

ダイビング

水の中は陸上で同じ運動をした場合の19倍の抵抗がかかります。それでいて、浮力のおかげで体の負荷はあまり感じません。ゆっくりフィンキックして、呼吸音だけが聞こえる静かな海を散歩するだけでも、朝からいい運動に。

美味しい朝食

体を動かした後の朝食はとてもおいしいもの。ダイビング後は塩分と水分をしっかりと補給するといいでしょう。フルーツ、クラッカーなどもおすすめです。

ちょっとうたた寝

ダイビング後のほどよい疲労感と満腹感に包まれながら休憩。「さて、今日は何をしよう?」と考えながらハンモックに寝転がったら、すぐに心地よい眠りに誘われることでしょう。日陰で眠ることをお忘れなく!

どの海へ行く?

海で日の出を見るなら、水平線から昇る太陽を見たいですね。日の出の方角に陸地や障害物がない場所を選びましょう。日の出の方角は、日本国内なら春分と秋分が「真東」、夏は「北東」、冬は「南東」が目安です。早朝ダイビングは多くのダイビングショップが対応しています。気軽に問い合わせてみましょう。