ダイビング

地球の7割を占める未知の世界を冒険しよう!

水平線の下に広がる宇宙。なぜ、わたしたちは海に潜るのだろう。

人生にレールはない。わたしたちは自由だ。でも、日常のルーティーンに追われ、常識に囚われ、立場に縛られ、責任を背負い込むうちに身動きが取れなくなって、それを忘れてしまう。

だから、海に潜ろう。

海は、自由そのものだ。

道はない。標識もない。ゴールもない。

ダイビング

そこでは、何者でもない素の自分になって、ただひたすらワクワクを追い求めることに没頭できる。

たとえば、果てしない海藻の森の中で小さな生き物を見つける喜び。

ダイビングで見られるウミウシ

視界いっぱいに広がる、はじけるような色彩。

死と生が共存する海底の沈没船。

沈没船でレックダイビング

洞窟を進む高揚感。

ケイブダイビング

宝の地図を胸に、とっておきの絶景を探す旅。

器材がなければ呼吸さえできない。エアがどれくらい残っているか、仲間と合図し合いながら進む。力強い海流に飲まれないようにしながら浮遊感に身を任せ、宇宙のような暗闇と対峙する。陸上での当たり前が一切通用しない場所。

だからこそ、自由であることを思い出せる。わたしたちの日常は、この地球のごく一部でしかない。世界は広がっている。

未知の世界に飛び込もう。もっと冒険しよう。胸が躍るような瞬間を心に焼き付けよう。

あなたの知らない世界が、水平線の向こう側にある。