SUUNTO

水中で深呼吸できる

「はじめてのダイビングで印象的だったのは?」そう尋ねると多くのダイバーが「水中で呼吸できること!」と答えます。

水の中で息を吸う感覚

息継ぎではなく水の中で息を吸うことができるというのは、ダイバーだけに許された特権です。水の中に飛び込み、目の前が水中世界に切り替わる瞬間、見たことのない景色の中でいつもどおり呼吸している。それは、非日常と日常の融合のような、なんともいえない不思議な感覚です。

どうやって水中で呼吸するの?

水中で呼吸する方法はとてもシンプル!「レギュレーター」を口にくわえ、あとは口で息を吸ったり吐いたりするだけです。レギュレーターは空気の入ったタンクにつながっていて、息を吸うと空気を供給し、息を吐くと水中に放出します。

水中呼吸のスキルを磨くと長く潜れる

水中での呼吸が上手になると、空気を節約し、より長くダイビングを楽しめるようになります。

水中呼吸のコツはヨガをしている時のように、ゆっくり吸って、さらにゆっくり吐くこと。特にしっかりと息を吐ききることが大切です。焦ったり無駄な動きが多いと、空気の消費も激しくなります。リラックスしてダイビングを楽しみましょう。