野生の迫力

手の届きそうな距離で見る臨場感。ダイビングほど野生生物を身近に感じられるアクティビティはそう多くないかもしれません。

エントリー直後に野生生物と出会える

ビーチからたった数メートルの距離でも、水中に飛び込んだ途端、思い思いに泳ぐ魚の群れを目にすることができます。しかも相手を驚かさなければ、かなり近い距離でじっくりと観察することもできます。時には魚の方から近寄ってくることもありますよ。

こんな大きな生き物がいるなんて!

マンタやジンベエザメ、クジラといった「大物」に遭遇した時の迫力は、相当のものでしょう。これほど大きな野生生物に近づくことができるのは、陸上ではなかなかできない経験です。ちなみに、人食いサメに遭遇することは通常ありませんのでご安心を。

“ダイビングで見られるジンベエザメ”

“ダイビングで見られるクジラ”

広大な海で、米粒サイズの生き物を見つける

逆に小さな生き物を探し出す難しさと楽しさもダイビングの面白さのひとつ。広い海を泳ぎ回って、目視するのがやっとの微細な生き物を発見する喜びは言葉に表せないほど!

不思議なデザイン

ハンマーヘッドシャーク

海に棲む生き物は色も形も独特です。突飛な色使い。宇宙船を連想させるような不思議な形。派手なもの、地味なもの。水中はファッションショーのように、個性が溢れかえった多彩な世界です。

捕食、産卵、孵化など特別なシーンも

もしあなたがラッキーなら、野生生物の捕食を目撃することができるかもしれません。水族館の「ごはんタイム」のようなショーではなく、命をかけた本物の戦い。きっと忘れられない光景でしょう。また、季節を狙えば、求愛行動や産卵、孵化といった生命をつなぐ瞬間を垣間見ることができます。