ダイビングをはじめるにはどうすればいい?

ダイビングに興味は出てきましたか?ダイビングをはじめるには、体験ダイビングとオープンウォーター認定(Cカード)を取得する方法があります。あなたにぴったりな方法を見つけましょう!

ダイビングのはじめ方

ダイビングスクール ノリス

ダイビングをはじめるには、2通りの方法があります。ひとつは体験ダイビング。もうひとつはダイビング講習を受けて、オープンウォーター認定を受けることです。海辺の旅行先で試しに水中世界を味わってみたいという場合、まずは体験ダイビングをしてみるという手もあります。ただ、体験ダイビングでは行ける範囲に限りがあることや、予備知識もスキルもない状態で緊張しやすいなど、思うように楽しめない可能性もゼロではありません。目当ての海を最大限楽しむなら、オープンウォーター認定(Cカード)を取得してから出発するのがいいかもしれませんね。

オープンウォーター認定を取得する意味は?何ができるようになるの?

ダイビングと水中呼吸

ダイビングは水中世界を楽しむ遊びです。水中は陸上とは多くの点で勝手が違います。呼吸、視界、浮遊感、流れ。さまざまな環境の違いがある中で、自由自在に動き回って楽しむためには特別なスキルが必要になります。また、器材を使いこなすための知識も必要です。といっても難しいことをするわけではありません。より自由に、快適にダイビングを楽しむために必要なスキルや知識を身につけるのがダイビング講習です。

そして、「オープンウォーター認定」はその最初の入口。「水深18mまでの天井がない場所で、仲間(バディ)と一緒に自由にダイビングできるスキルや知識を有する」と認められた人に与えられます。ダイビング器材の基本的な扱い方、水中で楽に泳ぐための姿勢や浮力のコントロール方法、緊急事態が起きたときの対処方法などを学びます。認定されると、指導団体からCカードが発行され、ダイビングショップで体験ダイビング以上のサービスを受けられるようになります。

ダイビング講習の流れは?

ダイビング講習の流れ

オープンウォーター認定の場合、多くは以下の流れで進みます。

  1. 対面またはオンラインで学科講習。ダイビングの基礎知識や実習でどんなスキルを身につけるのか学ぶ。
  2. プールまたは浅い海で練習する。
  3. 実際の海に出て練習、習得する。

指導団体によってカリキュラムや最低限の合格基準、潜水回数、潜水時間が決まっていますが、ダイビングショップによって基準以上にアレンジされることもあります。

ダイビング講習ってどこで受けるの?

ダイビングショップの選び方

ダイビング講習は、街なかにある「都市型ダイビングショップ」または、リゾートや海の近くにある「現地ダイビングサービス」で受けることができます。自動車免許を「通学(じっくり)」で取るか、「合宿(短期)」で取るかといったような違いです。

都市型ダイビングショップ(ダイビングスクール)

都市型ダイビングショップ(ダイビングスクール)は街なかにあり、週末や仕事帰りに通ってオープンウォーター認定を取得することができます。特徴としては「順を追って着実にスキルや知識を身につけられる」という点。スキルの達成度に応じて柔軟に日程調整ができるため、きちんと身につけるならダイビングスクールで学ぶのが効果的です。通常のペースで通うと認定を受けられるまでおよそ2週間から1ヶ月、早ければ1週間で取れることもあります。短期間の習い事感覚ですね。また、ダイビングできる海の多くは都市から数時間かかるアクセスしにくい場所にありますが、ショップが送迎してくれるので移動が楽というメリットもあります。

認定を受けた後も何かと相談できたり、自分のレベルに合わせてスキルアップをサポートしてもらえたりと、まさしく学校のような場所です。ダイビングショップのメンバー数名であちこちの海へ行くツアーにも自由に参加できます。

現地ダイビングサービス(リゾート)

現地ダイビングサービスは海の近くで「ファンダイビング(認定を受けたダイバーが自由に楽しむダイビング)」や「ダイビング講習」を行っているショップです。現地ダイビングサービスのインストラクターは近場の海に潜り続けているので、その海の地形や生物に詳しいのが特徴です。海洋実習を楽しみながら学ぶことができるショップも多いでしょう。遠方のリゾートでは旅行気分を楽しみながらダイビング講習を受けられるのも嬉しいポイント。

ただ、遠方であることや他ゲストのファンダイビングとの日程調整が必要になるため、ダイビング講習は2日間〜3日間などの短期集中型になりがちです。オープンウォーター認定は覚えることが多いので、じっくり学びたい方は都市型ダイビングショップを選ぶ方が安心でしょう。

最寄りのショップで大丈夫?自分に合ったダイビングショップの選び方

ダイビングショップの選び方

では、ダイビングショップの選び方について見ていきましょう。ダイビングショップは考え方も教え方もさまざまです。「自宅のそばにあるから」「安いから」というだけでなく、どんな講習を受けられるのか、自分の学び方に合っているのかをよく検討するのがダイビングを思う存分楽しむためのコツ。以下のポイントに注意してみましょう。

指導団体は?

オープンウォーター認定のCカードは指導団体が発行しています。ダイビングショップはいずれかの指導団体に加盟し、指導されたカリキュラムに沿ってダイビング講習を行います。世界的に有名な指導団体の多くはISOの国際規格に準拠し、RSTCが指導する最小限トレーニング基準を満たしていることを最低ラインとしていますが、カリキュラムや教え方には団体ごとに考えがあり、合格基準やこだわりも異なります。また、世界中に拠点がある団体と、日本国内のみの団体があります。

講習内容やこだわりは?

ダイビング講習は指導団体のカリキュラムに沿って行われますが、各ステップにおける合否を判断したり、実際にどう教えるかはダイビングショップによって変わります。インストラクター1人あたりの受講者数は何人くらいか、どんな流れで進むのか、講習は何回くらい行うのか、できるようになるまで付き合ってくれるかどうかなどをチェックしておくといいでしょう。

どんな人柄のインストラクターが集まっている?

ワイワイ楽しく学びたい人もいれば、黙々と打ち込みたい人も、論理的な説明が欲しい人もいますよね。この感覚的な好みを軽視すると、仮に人気インストラクターから指導を受けられたとしてもスキルや知識を十分に吸収できず消化不良を起こしてしまいます。何かを学ぶには、教えてくれる人との相性を考えることが非常に大切です。

レンタル器材の充実度は?

ダイビングを学ぶ時には多くの人が器材をレンタルしますが、せっかく借りた器材があまりにも古すぎると使いづらく講習に集中できないこともあります。定期的に新しい器材に入れ替えているかどうか、きちんと手入れされているかどうか、最新の使いやすく快適な器材が導入されているかどうかに着目してみてもいいでしょう。

ダイビング講習の予算は?

オープンウォーター取得の相場はおよそ4万円から8万円。内容的には主に以下の費用がかかります。ダイビングショップによってどこまで費用内に含まれているかが異なるため、前もって確認しましょう。

  • 教材費
  • 学科講習費
  • 実習費(プールまたは限定水域での講習、海洋実習)
  • 申請費
  • 器材レンタル費
  • 移動交通費
  • ランチ代
  • 施設利用料
  • 宿泊費(日帰りの場合は不要)

格安とうたっているダイビングショップの中には、「オープンウォーター」よりもひとつ下の「スクーバダイバーコース」など自分たちで自由には潜れない認定しか受けられなかったり、オープンウォーター認定に必要な教材や実習が別途費用になったりとトータル予算は他店と変わらない場合もあるので注意しましょう。

ダイビングショップの規模は?

規模が大きくインストラクター在籍数が多ければ、日程調整が比較的容易であり、いろんなインストラクターから学ぶことができます。一方で、インストラクターによって説明の仕方が異なるなどのギャップがあるかもしれません。反対に規模が小さい場合は日程の調整は難しいかもしれませんが、オーナーと他のインストラクターとの距離が近い(もしくはオーナー本人から学べる)ので講習内容にブレが出にくい傾向があります。ただ、何かあった時に代わりのスタッフがいないという点は注意が必要です。

ダイビングショップまでのアクセスは?

好みに合っても現実的に通えないダイビングショップでは意味がありません。日程調整の兼ね合いもありますが、無理なく通える範囲のダイビングショップを選びましょう。

押し売りされない?

理由もなく器材やツアーを押し売りするダイビングショップは多くはありませんが、事前にクチコミをチェックしたり、お店に確認しておくと安心です。器材は必要な機能や快適性、使いやすさなどを加味して購入した方がいいため、あなたに本当に合ったものを客観的に勧めてくれるショップだと安心ですね。

たとえばこんな都市型ダイビングショップ(スクール)があります!

ダイビングショップとはどんなところなのでしょう?3つの都市型ダイビングスクールにご協力いただき、お話を聞いてきました。

拠点が多く対応力に安心感!ダイビングスクール ノリス

ダイビングスクールノリス

神戸・姫路・岡山・東京に拠点を持つ都市型ダイビングスクールです。三宮から車で30分ほどの神戸舞子店に自社の講習用プールを持ち、目の前にあるビーチで海洋実習を受けられます。明石海峡大橋のすぐそばなので眺望もすばらしく、ちょっとした旅行気分を味わえます。店舗数が多い分、インストラクターもたくさん在籍しているためキャパシティが大きく、必要に応じて日程調整がしやすいのがメリット。個々のレベルや達成度に合わせて講習を進め、うまくいかない場合は陸でのイメージトレーニングや補習を行うなどきめ細やか。申し込み前にお店を訪ねた時に、オープンウォーター認定を受けたい理由などのヒアリングがあり、そもそもCカードを取るべきか体験ダイビングで済ませるべきかなど親身に相談に乗ってくれます。

事前の不安解消で海を楽しむ!ダイビングスクール イオ江坂

ダイビングスクールイオ江坂

大阪江坂駅の近くにある都市型ダイビングスクールです。外観はおしゃれな服屋さんのようで、中に入るとまるでカフェ。トイレの内装までかわいらしく、ふらっとお茶をしにきたような気分になります。イオ江坂の特徴は、プール講習前に陸上で耳抜きのシミュレーションをしたり、「海洋実習で海を楽しんでもらえるようにしたい」という思いからプール講習を2日にわたって行ったりと「事前の」不安解消に力を入れていること。また、プール講習はインストラクター1人につき受講生2人までに抑えるなどの徹底ぶりです。プール講習は大阪市内のダイビングプール、海洋実習は和歌山の田辺で行います。実習後にはダイビング姿勢などを撮影した動画を見てレビューし、スキルと知識の定着を図ります。

豊富な専門知識で快適に!ダイビングスクール なみよいくじら

大阪府松原にあるダイビングスクールです。テクニカルダイビング(より専門的な知識を要するレジャーダイビング)の経験を豊富に持つオーナーと、生物好きのインストラクターたちが出迎えてくれます。インストラクター陣の引き出しが豊富で、受講生が無意識に感じているやりにくさに対してさまざまな視点から的確にアドバイスできるところが大きな安心材料。また、水中の冒険にのめり込んだダイバーに常に新しい楽しみ方を提案できるのも、通常のダイビングとテクニカルダイビングをシームレスに捉えて柔軟に取り入れているからこそ。とはいえ「最初からあれこれ詰め込みすぎない」方針で、受講者の段階に合わせて必要なスキルや知識を厳選してレクチャーしてくれるので無理なく学べます。プール講習は大阪のダイビングプール、海洋実習は白浜で行います。

まずはダイビングショップに問い合わせてみよう!

ダイビングショップの選び方

自分に合ったダイビングショップの選び方がわかったら、さっそく問い合わせてみましょう!見学OKのショップもたくさんあります。GODIVNG.jpでは、今後ダイビングショップを探すお手伝いができるような機能を実装予定。お楽しみに!

関連記事